部屋番ムギのお仕事:猫と相撲の裏話(その3)
部屋番ムギのお仕事:猫と相撲の裏話(その3)
モル親方のお仕事:猫と相撲の裏話(その2)
モル親方のお仕事:猫と相撲の裏話(その2)
猫と相撲の裏話(その1)
猫と相撲の裏話(その1)
アンチ岩合、のはずだったけれど
アンチ岩合、のはずだったけれど
民子が忘れられない
民子が忘れられない
『ネコ町物語…ナーゴ』 - 「この国、本当にあるのかな、ないのかなぁ?」と 思わず何度も確認したくなる
『ネコ町物語…ナーゴ』 - 「この国、本当にあるのかな、ないのかなぁ?...
最近、猫が出てくるCMが増えたような気がする…。 「子どもと動物は視聴率がとれる」なんていう話も聞いたことがある。確かに、画面に小さな子どもや動物が出てくると、つい見てしまうし、ましてや猫が出てきたら、条件反射のように「にゃあ」と声が出て、その動きに、表情に、じっと見入ってしまう。まんまと広告製作者のワナにはまっているよなぁ~と、頭の片隅で思いながらも(笑)。 私が今、放映中の猫CMで一番好きなの...
ブック 2016/5/27
検証!? 昭和の猫ブーム
猫本古本や: おおいずみようこ
最近、猫が出てくるCMが増えたような気がする…。 「子どもと動物は視聴率がとれる」なんていう話も聞いたことがある。確かに、画面に小さな子どもや動物が出てくると、つい見てしまうし、ましてや猫が出てきたら、条件反射のように「にゃあ」と声が出て、その動きに、表情に、じっと見入ってしまう。まんまと広告製作者のワナにはまっているよなぁ~と、頭の片隅で思いながらも(笑)。 私が今、放映中の猫CMで一番好きなの...
ブック 2016/5/27
吉田ルイ子さんというと、フォトジャーナリストとしてハーレムやベトナム、アフリカなどで写真を撮り続けてきた社会派のイメージだが、1冊、猫に関する本を出版されている。『わたしはネコロジスト』。 『わたしはネコロジスト』 吉田ルイ子著/ブロンズ新社/1990年9月25日発行/その後、中公文庫。いずれも現在絶版) 表紙に写っているのはつぶらな瞳で撮る人を見つめる子猫。本をひらき、最初に出てくるのがこの写真...
ブック 2015/12/29
吉田ルイ子。捨て猫との運命的な出会い
猫本古本や: おおいずみようこ
吉田ルイ子さんというと、フォトジャーナリストとしてハーレムやベトナム、アフリカなどで写真を撮り続けてきた社会派のイメージだが、1冊、猫に関する本を出版されている。『わたしはネコロジスト』。 『わたしはネコロジスト』 吉田ルイ子著/ブロンズ新社/1990年9月25日発行/その後、中公文庫。いずれも現在絶版) 表紙に写っているのはつぶらな瞳で撮る人を見つめる子猫。本をひらき、最初に出てくるのがこの写真...
ブック 2015/12/29
ブック 2017/5/12 猫雑誌編集者: 奥田直樹
ブック 2017/5/12 猫雑誌編集者: 奥田直樹
ブック 2016/1/14 猫本古本や: おおいずみようこ
ページトップへ