人気の猫島。背景には島民の苦難の歴史も
人気の猫島。背景には島民の苦難の歴史も
アンチ岩合、のはずだったけれど
アンチ岩合、のはずだったけれど
“猫嫌い”高峰秀子が愛した猫
“猫嫌い”高峰秀子が愛した猫
いよいよ暑くなり、怪談話の季節…。7月26日は「幽霊の日」だったそうだ。なんでも、鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が江戸中村座で初演されたのが、文政8(1825)年7月26日だったことに由来するらしい。江戸の怪談とくれば他に、『番町皿屋敷』『牡丹灯篭』、そして、『鍋島猫騒動』…と連想するが、この中で『鍋島猫騒動』は毛色がちょっと違う。他の3作が女性の怨念が引き起こす物語であるのに対して、猫騒動は子の無...
ブック 2016/8/4
神楽坂の化け猫? いえいえ、ホン書き旅館の猫
猫本古本や: おおいずみようこ
いよいよ暑くなり、怪談話の季節…。7月26日は「幽霊の日」だったそうだ。なんでも、鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が江戸中村座で初演されたのが、文政8(1825)年7月26日だったことに由来するらしい。江戸の怪談とくれば他に、『番町皿屋敷』『牡丹灯篭』、そして、『鍋島猫騒動』…と連想するが、この中で『鍋島猫騒動』は毛色がちょっと違う。他の3作が女性の怨念が引き起こす物語であるのに対して、猫騒動は子の無...
ブック 2016/8/4
ご存じの方も多いと思うが、猫小説の定番中の定番『ジェニー』(原題『Jennie』)にはふたりの訳者がいる。装幀にもいくつかのバージョンがあり、現在、ママ猫の古本や在庫にあるのは下の2冊。 右:『さすらいのジェニー』 訳:矢川澄子/初版:昭和58(1983)年2月28日/発行:大和書房   左:『ジェニー』 訳:古沢安二郎/初版:昭和54(1979)年7月15日/発行:新潮社   1冊は、...
ブック 2015/11/28
猫小説の定番『ジェニー』訳者読みくらべの楽しみ
猫本古本や: おおいずみようこ
ご存じの方も多いと思うが、猫小説の定番中の定番『ジェニー』(原題『Jennie』)にはふたりの訳者がいる。装幀にもいくつかのバージョンがあり、現在、ママ猫の古本や在庫にあるのは下の2冊。 右:『さすらいのジェニー』 訳:矢川澄子/初版:昭和58(1983)年2月28日/発行:大和書房   左:『ジェニー』 訳:古沢安二郎/初版:昭和54(1979)年7月15日/発行:新潮社   1冊は、...
ブック 2015/11/28
ページトップへ