カルチャー

人気記事 新着記事
なんで猫? ジャズ狂=「jazz cats」というアメリカのスラング
なんで猫? ジャズ狂=「jazz cats」というアメリカのスラング
猫神さまのネズミ退治。昔は蚕、今はイチゴ?
猫神さまのネズミ退治。昔は蚕、今はイチゴ?
節分の日に年1回の御開帳!自性院の猫地蔵
節分の日に年1回の御開帳!自性院の猫地蔵
検証!? 昭和の猫ブーム
検証!? 昭和の猫ブーム
招き猫づくしのお寺、豪徳寺へ行ってみよう
招き猫づくしのお寺、豪徳寺へ行ってみよう
猫バカアラサー女子の衣替え。その1
猫バカアラサー女子の衣替え。その1
いよいよ暑くなり、怪談話の季節…。7月26日は「幽霊の日」だったそうだ。なんでも、鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が江戸中村座で初演されたのが、文政8(1825)年7月26日だったことに由来するらしい。江戸の怪談とくれば他に、『番町皿屋敷』『牡丹灯篭』、そして、『鍋島猫騒動』…と連想するが、この中で『鍋島猫騒動』は毛色がちょっと違う。他の3作が女性の怨念が引き起こす物語であるのに対して、猫騒動は子の無...
カルチャー 2016/8/4
神楽坂の化け猫? いえいえ、ホン書き旅館の猫
猫本古本や: おおいずみようこ
いよいよ暑くなり、怪談話の季節…。7月26日は「幽霊の日」だったそうだ。なんでも、鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が江戸中村座で初演されたのが、文政8(1825)年7月26日だったことに由来するらしい。江戸の怪談とくれば他に、『番町皿屋敷』『牡丹灯篭』、そして、『鍋島猫騒動』…と連想するが、この中で『鍋島猫騒動』は毛色がちょっと違う。他の3作が女性の怨念が引き起こす物語であるのに対して、猫騒動は子の無...
カルチャー 2016/8/4
絵描き・新芸術協会理事: 後藤 環
「アーティストが愛した猫」 著:アリソン・ナスタシ 翻訳:関根 光宏 パブロ・ピカソ(Pablo Picasso,1881年~1973年) 生まれはスペインですが、フランスで制作活動をしていました。 もちろん誰でも知っている画家です。その絵には高額な価格ついているわけですが、ギネスブックに多作な作家として乗るほどの絵画、彫刻や、挿画そのほかの作品を作っています。また、フランスのバレエと音楽を使った...
カルチャー 2016/1/19
やっぱりピカソ
絵描き・新芸術協会理事: 後藤 環
「アーティストが愛した猫」 著:アリソン・ナスタシ 翻訳:関根 光宏 パブロ・ピカソ(Pablo Picasso,1881年~1973年) 生まれはスペインですが、フランスで制作活動をしていました。 もちろん誰でも知っている画家です。その絵には高額な価格ついているわけですが、ギネスブックに多作な作家として乗るほどの絵画、彫刻や、挿画そのほかの作品を作っています。また、フランスのバレエと音楽を使った...
カルチャー 2016/1/19
カルチャー 2016/10/12 雑貨クリエイター: かみにしめぐみ
カルチャー 2017/8/16 猫のクラフト作家: 白井光可
カルチャー 2017/8/16 猫のクラフト作家: 白井光可
カルチャー 2017/1/13 日本動物虐待防止協会代表: 藤村晃子
カルチャー 2017/6/16 猫のクラフト作家: 白井光可
ページトップへ