前回は、キャットステップができるまでのお話しをさせていただきました。キャットステップ完成に至るまでの苦労や試行錯誤を感じていただけたと思います。キャットステップが完成してしばらく経ち、まやちぐらの工事は順調に進んで内装も出来上がってきました。

以前にもお話しした通り、まやちぐらでは「傷がつきにくい」「ニオイがつきにくい」「汚れにくい」素材を壁や床に使用しております。

いろんな建材が入る度に現場を確認し、少しずつ出来上がっていくまやちぐらに
遠足前日の小学生のようにワクワクしていたのを鮮明に覚えています。

「早く自分も住みたい!!」

嫁も私も毎日がテンション高めでした。

融資が遅れたり設備が決まらなかったりなど、工事開始時期が予定より2カ月遅れていたので、現場の方にはかなり迷惑をおかけました。そんな中、現場の職人の方々は急ピッチかつ安全な仕事をハイスピードで進めてくれ、完成する予定だった時期とほぼ変わらない時期に完成させてくれました。

本当に感謝しかありません。この場で改めてお礼を言わせてください。
ありがとうございます。

まやちぐらは本当にいろんな方たちに支えられてできたアパートなんです。その感謝の気持ちを忘れず、これからもまやちぐらで人と猫を守り続けていきます。

そしていよいよ!物件が完成し、引き渡しの日がやってきました!

管理会社は、沖縄では有名なCUBEさんにお願いすることにしました。CUBEさんはもともと「猫付き賃貸」で有名で、私自身もその部屋を見せていただいたことがあります。猫付き賃貸は、提携している保護団体から入居者が猫を預かり一緒に暮らす…というものです。動物病院のサポートもあり、医療費も無料という画期的なシステムです。

ちなみに現在まやちぐらはCUBEさんのCMにも出演させていただいております。

CUBEさんは猫に特化した物件を扱っているということで管理をお願いしやすいかなと判断し、依頼することにしました。何か疑問に思ったことやトラブルが起きても電話して相談すると迅速に対応していただけて、いつも非常に助かっております。賃貸契約の契約書も、しっかりしたものがベースにあり、そこに私の意見を取り入れていただき、素晴らしい契約書が出来上がりました。

募集は4社に依頼、チラシは自前で手配り!

本来なら賃貸募集は管理会社さんにお願いするものですが、もっとまやちぐらをいろんな人に知ってもらおうと思ったため募集会社は4社ほど依頼しました。自分たちでもチラシを作り、動物病院や譲渡会 、知り合いなどにも手配りで宣伝しました。

最初の入居者さんは譲渡会のボランティアで参加している方で、チラシをたまたま
手に取った人で、すぐ契約してくれました。

まやちぐらでは、オーナーである私の部屋に集まってたまに飲み会など開くのですが、その時初めて、最初の入居者さんと私が同じ高校出身だったということがわかりました。地元や出身校が同じ、さらに同じ猫好きということで、仲良くなるまでに時間は全然かかりませんでした。

そしてその方を皮切りに、いろんな仲介業者さんから入居募集者がどんどん集まり、募集して1カ月ほどですぐに満室になりました。

まやちぐらが他のアパートと違うのは、内見の際の説明を仲介業社さんに任せないこと。普通は部屋の中や設備、近隣の状況などの説明は仲介業者さんがするのですが、まやちぐらではオーナーである私が直接お客さんに説明しました。

なぜならまやちぐらは、賃貸併用住宅でオーナーである私自身も同じ建物に住み、こういった人間であり、人と猫を大切にしたいという思いを知ってもらいたかったからです。それに、まやちぐらの設備に1番詳しいのは私なので、自分で説明した方が伝わりやすいと判断しました。内見ではもう、暑苦しいと思われるぐらい、猫や設備について語りました。

普通は賃貸併用住宅はオーナーさんと顔を合わすのが嫌だからという理由で避けられる場合が多いのです。しかしまやちぐらの場合は逆で、オーナーが猫好きで、「何かあった時にすぐに駆けつけてくれるから安心できる」など、嬉しいお言葉をいただきました。

また、まやちぐらではタカラスタンダードの製品を多く取り入れ、マンションでも
なかなか使われていないような設備を使っています。何度もアピールしているのですが、エマウォールが1番の目玉設備です。

設備の割には家賃は低いのですが、相場からしたら少し高めです。お部屋にお客さんを案内し、部屋の設備を説明しているとすぐにでも「住みたい!」「決めた!」と言ってくれる人が何人かいました。けれども、家賃が少し高めなので、「もう少し検討して、よく考えて決めていただいた方がいいですよ」と話しました。

普通のオーナーだったら早く部屋を埋めたいので急かして契約までさせると思うのですが、やはりその人の生活も気になるので、余計なお世話かもしれませんが、冷静に考えるようにアドバイスしました。それでも「住む!」とその場で即決してくれた人もいます。

そんなにお部屋を気に入ってくれて、頑張って建ててよかった!と喜びを噛み締めた瞬間でした。その方ももちろん猫好きで、猫を1匹保護している方でした。オーナーが猫好きで、こういったアパートを建ててくれたというのが信頼につながり、入居の決め手になったそうです。

無事部屋が全て埋まったのですが、それでも問い合わせは来ます。中には「どうしても住みたい。とりあえず1〜2年ぐらいは待つので、空室が出たら連絡ください」という方もいらっしゃいました。

そんなにもファンになってくれて、とても嬉しい限りです。

同時に、人と猫を幸せにするために、今のまやちぐらのクオリティを維持しながらも、さらにみんなが喜んでくれる設備やサービスをいろいろ考えていかなければならないという責任感もより強く感じています。

これからもまやちぐらから目を離さないでください!

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
まやちぐらのホームページでは現在保護している猫ちゃんの成長の過程と極悪ヅラの写真を公開中!ぜひ見てくださいな♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
保護猫ちゃんのヤヴァい顔…

猫専用デザイナーズアパートオーナー:田場正親

前回は、キャットステップができるまでのお話しをさせていただきました。キャットステップ完成に至るまでの苦労や試行錯誤を感じていただけたと思います。キャットステップが完成してしばらく経ち、まやちぐらの工事は順調に進んで内装も出来上がってきました。

以前にもお話しした通り、まやちぐらでは「傷がつきにくい」「ニオイがつきにくい」「汚れにくい」素材を壁や床に使用しております。

いろんな建材が入る度に現場を確認し、少しずつ出来上がっていくまやちぐらに
遠足前日の小学生のようにワクワクしていたのを鮮明に覚えています。

「早く自分も住みたい!!」

嫁も私も毎日がテンション高めでした。

融資が遅れたり設備が決まらなかったりなど、工事開始時期が予定より2カ月遅れていたので、現場の方にはかなり迷惑をおかけました。そんな中、現場の職人の方々は急ピッチかつ安全な仕事をハイスピードで進めてくれ、完成する予定だった時期とほぼ変わらない時期に完成させてくれました。

本当に感謝しかありません。この場で改めてお礼を言わせてください。
ありがとうございます。

まやちぐらは本当にいろんな方たちに支えられてできたアパートなんです。その感謝の気持ちを忘れず、これからもまやちぐらで人と猫を守り続けていきます。

そしていよいよ!物件が完成し、引き渡しの日がやってきました!

管理会社は、沖縄では有名なCUBEさんにお願いすることにしました。CUBEさんはもともと「猫付き賃貸」で有名で、私自身もその部屋を見せていただいたことがあります。猫付き賃貸は、提携している保護団体から入居者が猫を預かり一緒に暮らす…というものです。動物病院のサポートもあり、医療費も無料という画期的なシステムです。

ちなみに現在まやちぐらはCUBEさんのCMにも出演させていただいております。

CUBEさんは猫に特化した物件を扱っているということで管理をお願いしやすいかなと判断し、依頼することにしました。何か疑問に思ったことやトラブルが起きても電話して相談すると迅速に対応していただけて、いつも非常に助かっております。賃貸契約の契約書も、しっかりしたものがベースにあり、そこに私の意見を取り入れていただき、素晴らしい契約書が出来上がりました。

募集は4社に依頼、チラシは自前で手配り!

本来なら賃貸募集は管理会社さんにお願いするものですが、もっとまやちぐらをいろんな人に知ってもらおうと思ったため募集会社は4社ほど依頼しました。自分たちでもチラシを作り、動物病院や譲渡会 、知り合いなどにも手配りで宣伝しました。

最初の入居者さんは譲渡会のボランティアで参加している方で、チラシをたまたま
手に取った人で、すぐ契約してくれました。

まやちぐらでは、オーナーである私の部屋に集まってたまに飲み会など開くのですが、その時初めて、最初の入居者さんと私が同じ高校出身だったということがわかりました。地元や出身校が同じ、さらに同じ猫好きということで、仲良くなるまでに時間は全然かかりませんでした。

そしてその方を皮切りに、いろんな仲介業者さんから入居募集者がどんどん集まり、募集して1カ月ほどですぐに満室になりました。

まやちぐらが他のアパートと違うのは、内見の際の説明を仲介業社さんに任せないこと。普通は部屋の中や設備、近隣の状況などの説明は仲介業者さんがするのですが、まやちぐらではオーナーである私が直接お客さんに説明しました。

なぜならまやちぐらは、賃貸併用住宅でオーナーである私自身も同じ建物に住み、こういった人間であり、人と猫を大切にしたいという思いを知ってもらいたかったからです。それに、まやちぐらの設備に1番詳しいのは私なので、自分で説明した方が伝わりやすいと判断しました。内見ではもう、暑苦しいと思われるぐらい、猫や設備について語りました。

普通は賃貸併用住宅はオーナーさんと顔を合わすのが嫌だからという理由で避けられる場合が多いのです。しかしまやちぐらの場合は逆で、オーナーが猫好きで、「何かあった時にすぐに駆けつけてくれるから安心できる」など、嬉しいお言葉をいただきました。

また、まやちぐらではタカラスタンダードの製品を多く取り入れ、マンションでも
なかなか使われていないような設備を使っています。何度もアピールしているのですが、エマウォールが1番の目玉設備です。

設備の割には家賃は低いのですが、相場からしたら少し高めです。お部屋にお客さんを案内し、部屋の設備を説明しているとすぐにでも「住みたい!」「決めた!」と言ってくれる人が何人かいました。けれども、家賃が少し高めなので、「もう少し検討して、よく考えて決めていただいた方がいいですよ」と話しました。

普通のオーナーだったら早く部屋を埋めたいので急かして契約までさせると思うのですが、やはりその人の生活も気になるので、余計なお世話かもしれませんが、冷静に考えるようにアドバイスしました。それでも「住む!」とその場で即決してくれた人もいます。

そんなにお部屋を気に入ってくれて、頑張って建ててよかった!と喜びを噛み締めた瞬間でした。その方ももちろん猫好きで、猫を1匹保護している方でした。オーナーが猫好きで、こういったアパートを建ててくれたというのが信頼につながり、入居の決め手になったそうです。

無事部屋が全て埋まったのですが、それでも問い合わせは来ます。中には「どうしても住みたい。とりあえず1〜2年ぐらいは待つので、空室が出たら連絡ください」という方もいらっしゃいました。

そんなにもファンになってくれて、とても嬉しい限りです。

同時に、人と猫を幸せにするために、今のまやちぐらのクオリティを維持しながらも、さらにみんなが喜んでくれる設備やサービスをいろいろ考えていかなければならないという責任感もより強く感じています。

これからもまやちぐらから目を離さないでください!

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
まやちぐらのホームページでは現在保護している猫ちゃんの成長の過程と極悪ヅラの写真を公開中!ぜひ見てくださいな♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
保護猫ちゃんのヤヴァい顔…

猫専用デザイナーズアパートオーナー:田場正親