竹堂佳紀
株式会社アークス

竹堂佳紀
株式会社アークス代表取締役社長。岡山県井原市出身。幼少期を岡山で過ごし、地元企業グロップへ就職。その後、東京に転勤し早16年。2016年10月より千葉市、市川市のペットの複合施設「アニマルライフ」を運営している現会社の代表に就任。 *「アニマルライフ」とは・・・「ペットのジャングル」というペットショップであった、アニマルライフは、2016年にペットショップを卒業し「生体販売をやめ」現在は譲渡活動を中心に、病院、トリミング、老犬老猫ホーム、物販、ホテル等を手がける「ペットの複合施設」
株式会社アークス代表取締役社長。岡山県井原市出身。幼少期を岡山で過ごし、地元企業グロップへ就職。その後、東京に転勤し早16年。2016年10月より千葉市、市川市のペットの複合施設「アニマルライフ」を運営している現会社の代表に就任。 *「アニマルライフ」とは・・・「ペットのジャングル」というペットショップであった、アニマルライフは、2016年にペットショップを卒業し「生体販売をやめ」現在は譲渡活動を中心に、病院、トリミング、老犬老猫ホーム、物販、ホテル等を手がける「ペットの複合施設」
ご挨拶
はじめまして、アニマルライフの竹堂です。 千葉県内で20年以上「ペットのジャングル」として店舗運営をしていたお店が、2016年7月に「ペットショップ」を卒業し「アニマルライフ」へ生まれ変りました。 生体販売を止めるその判断は決して間違っていないと思っていますが、一方で事業運営は決して順調ではなく、譲渡活動そのものも継続出来ない可能性さえ出てきていました。 そのような状況の中で、昨年10月に僕は代表に就任しました。
経営素人で、文才はないし、にゃんこの気持ちは皆さんより決してわからないと思いますし。。。なんと最近ネコちゃんアレルギーが発覚(苦笑) そんな毎日でしたが、沢山のにゃんこ好きの方や、応援してくださるファンの方に出会いしっかりと、経営状況と向きあいつつも、悲しい目にあっている子達を継続的に幸せにしていきたい!という気持ちと行動で奮闘しております。 僕たちに出来ることは 僅かばかり。 ペットショップを卒業した僕たちが出来ること。それは生体販売を止めた事で起こっていること、日常をお伝えしていきたいと思います。
記事