「猫預かりシステム」で長期留守も安心!-沖縄の猫アパート・まやちぐら

猫専用デザイナー...:田場 正親
まやちぐらオーナー。1981年生まれ、本部町出身。アレルギー性鼻炎、腰...
最新記事: 「猫預かりシステム」で...

こんにちは、猫専用アパート 「まやちぐら」オーナー田場です。
2019年になってすでに3カ月が過ぎようとしています。紅白の米津玄師さんの素晴らしいパフォーマンスから、もうそんなに時間が経ったのね。早いなぁ。仕事している一日の時間は長く感じるのに、1年が過ぎるのはなぜ早く感じるのでしょう?不思議、不思議…。

さあ、そんな年末年始に、まやちぐら入居者の愛猫「タイツ」がまたも来てくれました。年末年始の間、タイツの飼い主さんが帰省するので預かることになったのです。

猫を預かり合うことで猫飼いのお悩み解決

他のアパートにはないまやちぐらの特徴の一つとして、入居者同士で猫を預かり合うシステムがあります。猫を飼いたい人が、飼うことに躊躇する理由としてよくあるのが「長期で家を空けられない」というお悩み。まやちぐらでは、そういったお悩みを解決すべく、こうして猫を預かり合うシステムを導入しました。

このシステム、入居者全員が猫好きで顔見知りなので、話はとてもスムーズ。他のアパートにはない強いコミュニティができあがっています。

以前タイツを預かった時のことを、うちの「のす」と「ビビ」は 覚えているのか、結構すぐに打ち解けてしまいましたね(笑)

タイツは体はデカイのに、小さなビビに勝てなくてビビの軽いネコパンチをもらっては逃げています。やはりタイツは紳士なので女の子には手をあげないんですね。でも、私が5秒くらい頭をなでなですると噛みつくんです。嫁には噛み付かないのに…。 やはり同じ男には厳しいようです。 まあ、愛情表現だと思ってガブガブ噛ませてます(笑) そんなに強く噛まないんで平気ですし!

ペットと暮らす障害者グループホームのこと

あ、そうそう。
話は全く変わりますが、とても気になる情報が入ったのでお知らせします。

「ペットと暮らす障害者グループホーム」 って聞いたことありますか?超高齢化、人口減少が問題となっている日本ですが、 障害者の数も年々増え続けていて、受け入れ施設は不足してます。同じように社会問題となっている保護犬・猫の殺処分問題の解決に取り組んでいる株式会社ケアペッツが 「ペットと暮らす障害者グループホーム」という介護施設を全国展開しています。
私も昔、高齢者が飼っていたペットも一緒に入居できる介護施設の番組を見て、沖縄でも同じように猫と犬と安心して暮らせる施設を作りたいなと考えていたんです。「ペットと暮らす障害者グループホーム」は、まさにそれを形にした施設なので、かなり興味があります。というわけで、先日那覇で開かれた説明会に行ってきました。施設の説明のはずが、トップの方の動物愛の話がほとんどで、かなり楽しかったですね(笑)。興味のある方はぜひお調べになってくださいね。

「ペットと暮らす障害者グループホーム」 の紹介はこちら
https://gentosha-go.com/articles/-/17932
Facebookページでは説明会のご案内も出ています
https://www.facebook.com/waonpet/

 

最後に、1時49分をお知らせするうちの猫時計でお別れしましょう。

それでは良い一日を!!

猫専用デザイナーズアパートオーナー:田場正親


こんにちは、猫専用アパート 「まやちぐら」オーナー田場です。
2019年になってすでに3カ月が過ぎようとしています。紅白の米津玄師さんの素晴らしいパフォーマンスから、もうそんなに時間が経ったのね。早いなぁ。仕事している一日の時間は長く感じるのに、1年が過ぎるのはなぜ早く感じるのでしょう?不思議、不思議…。

さあ、そんな年末年始に、まやちぐら入居者の愛猫「タイツ」がまたも来てくれました。年末年始の間、タイツの飼い主さんが帰省するので預かることになったのです。

猫を預かり合うことで猫飼いのお悩み解決

他のアパートにはないまやちぐらの特徴の一つとして、入居者同士で猫を預かり合うシステムがあります。猫を飼いたい人が、飼うことに躊躇する理由としてよくあるのが「長期で家を空けられない」というお悩み。まやちぐらでは、そういったお悩みを解決すべく、こうして猫を預かり合うシステムを導入しました。

このシステム、入居者全員が猫好きで顔見知りなので、話はとてもスムーズ。他のアパートにはない強いコミュニティができあがっています。

以前タイツを預かった時のことを、うちの「のす」と「ビビ」は 覚えているのか、結構すぐに打ち解けてしまいましたね(笑)

タイツは体はデカイのに、小さなビビに勝てなくてビビの軽いネコパンチをもらっては逃げています。やはりタイツは紳士なので女の子には手をあげないんですね。でも、私が5秒くらい頭をなでなですると噛みつくんです。嫁には噛み付かないのに…。 やはり同じ男には厳しいようです。 まあ、愛情表現だと思ってガブガブ噛ませてます(笑) そんなに強く噛まないんで平気ですし!

ペットと暮らす障害者グループホームのこと

あ、そうそう。
話は全く変わりますが、とても気になる情報が入ったのでお知らせします。

「ペットと暮らす障害者グループホーム」 って聞いたことありますか?超高齢化、人口減少が問題となっている日本ですが、 障害者の数も年々増え続けていて、受け入れ施設は不足してます。同じように社会問題となっている保護犬・猫の殺処分問題の解決に取り組んでいる株式会社ケアペッツが 「ペットと暮らす障害者グループホーム」という介護施設を全国展開しています。
私も昔、高齢者が飼っていたペットも一緒に入居できる介護施設の番組を見て、沖縄でも同じように猫と犬と安心して暮らせる施設を作りたいなと考えていたんです。「ペットと暮らす障害者グループホーム」は、まさにそれを形にした施設なので、かなり興味があります。というわけで、先日那覇で開かれた説明会に行ってきました。施設の説明のはずが、トップの方の動物愛の話がほとんどで、かなり楽しかったですね(笑)。興味のある方はぜひお調べになってくださいね。

「ペットと暮らす障害者グループホーム」 の紹介はこちら
https://gentosha-go.com/articles/-/17932
Facebookページでは説明会のご案内も出ています
https://www.facebook.com/waonpet/

 

最後に、1時49分をお知らせするうちの猫時計でお別れしましょう。

それでは良い一日を!!

猫専用デザイナーズアパートオーナー:田場正親


タグ: , , , , , , , ,
関連記事
ページトップへ